#

緊急・災害情報

現在、お知らせはありません。

>>緊急災害情報

保育所長

保育所長の小安栄子です。

いちのみや保育所では、自分のもっている力を自分で発揮できる「げんきな子」周りのひとと触れ合いながらコミュ二ケーションがとれる「あいさつのできる子」自分を大切にし周りの子も大切にできる「やさしい子」を目標に、ご家庭と共に子育てをして、一人ひとりを大切に保育しております。

また、保育所では絵本を通して心を育てる保育に力を入れております。絵本は心の宝物、子どもの成長には欠かせないものです。保育所の玄関を入ると「はらっぱ文庫」があり、3000冊以上の絵本を取り揃えています。保育所の子どもたちへの貸し出しは勿論、町内在住の保育所入所前のご家庭にも貸し出しをしております。

2020年オリンピックにむけて、いちのみや保育所で育てたひまわりの種を「オール千葉おもてなしアクション!シンポジウム」にて森田健作千葉県知事に手渡しました。ひまわりの種は外房地域の保育所や幼稚園、小・中・高等学校・特別支援学校など約200校に贈られました。オリンピック会場をひまわりの花で彩ることができるよう、これからも子どもたちと育てていきたいと思います。

≪私のモットー≫

人という字は、支え合ってできていると思います。仕事の上でもお互いに協力あい、報告・連絡・相談を密にしながらコミュ二ケーションをとるようにしています。

また、明るく笑顔で仕事に臨めるよう、今日の自分は5年後の自分をつくると思って、ゴルフ・水泳・ヨガ・ウォーキングなど日頃から体づくりを心がけています。