#

緊急・災害情報

現在、お知らせはありません。

>>緊急災害情報

保育所長

 保育所長の岡澤利江です。

 一宮町の公立保育所いちのみや保育所の所長をしております。

 いちのみや保育所では自分の持っている力を自分で発揮できる「元気な子」まわりの人とふれあいながら自然にコミュニケーションがとれる「あいさつのできる子」じぶんを大切にし、まわりの人も大切にできる「やさしい子」を目標に、ご家庭と共に子育てをして、一人ひとりを大切に保育しております。

 いちのみや保育所は絵本をとおして心を育てる保育に力を入れております。絵本の表紙には絵本のすべてが描かれています。いちのみや保育所の玄関には絵本の表紙が見えるように展示して絵本の魅力を伝えています。絵本は子どもの成長には欠かせないものです。保育所の子ども達への貸出だけでなく、町内在住の保育所入所前のご家庭にも絵本の貸出を始めております。

 他にも子育て支援といたしまして、「親子教室ひよこ組」、「子育て相談コアラ組」、映画会お誕生会への参加、園庭の開放などもおこなっております。

私のモットー

 詩人金子みすずさんの詩に『鈴と、小鳥と、私』がありますが、私のこころのポケットに離れずに入っています。

 『私が両手を広げても、お空はちっとも飛べないが、飛べる小鳥は私のように、地べたを速くは走れない。私が体をゆすっても、きれいな音は出ないけど、

 あのなる鈴は私のように、たくさんな唄は知らないよ。鈴と、小鳥と、それから私、みんなちがって、みんないい』 みんなちがって、みんないい・・・

 保育所の子どもたちも一人ひとりすてきな個性があります。みんなちがって、みんないい・・・それが私のモットーです。