#

緊急・災害情報

現在、お知らせはありません。

>>緊急災害情報

子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の差控えについて

子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の差し控えについてのお知らせ
 平成25年4月1日から予防接種法の改正により、子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症ワクチン)が定期の予防接種の対象になりました。
しかし、ワクチン接種後にワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛みが本ワクチン接種後に特異的に見られたことから、厚生労働省ではその発生頻度等がより明らかになり、適切な情報の提供ができるまで定期接種を積極的に勧奨すべきではないとしました。
 これを受けて、町では子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしないこととしました。予防接種を受けることはできますが、接種にあたっては、有効性とリスクを十分理解した上で受けてください。
 また、接種に係る費用についてはこれまで同様全額公費負担となります。

<参考>

ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について(勧告)

子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆様へ(厚生労働省作成リーフレット)

問合せ:福祉健康課健康係  ℡ 40-1055