#

緊急・災害情報

現在、お知らせはありません。

>>緊急災害情報

芥川荘

芥川荘(あくたがわそう)

平成13年(2001)5月16日登録 

一宮町一宮 個人所有

国登録有形文化財

一宮川河口に位置する一宮館(旅館)の離れは、大正5年(1916)8月17日~9月2日に作家・芥川龍之介が滞在したことにちなんで、「芥川荘」と名付けられました。 明治30年代の建築で、木造平屋建て・萱葺の建物が今でも当時のまま保存されています。 滞在中、龍之介は後に妻となる塚本文に求婚の手紙を送り、一宮での思い出は「海のほとり」などいくつかの作品に登場しています。