#

緊急・災害情報

現在、お知らせはありません。

>>緊急災害情報

旧斎藤家住宅主屋

旧斎藤家住宅主屋(きゅうさいとうけじゅうたくしゅおく)

平成29年(2017)6月28日登録

一宮町一宮 個人所有

 

 斎藤家は明治時代以降、鰹節を中心とする海産物問屋でした。

 斎藤家からは約5,000点もの古文書が発見され、『一宮町旧斎藤家文書調査報告』(東上総文化遺産総合活性化事業実行委員会、2016年)にて一部が活字化されています。

 建物は一宮町の市街地に位置し、店蔵の背面に接して建ちます。南面に玄関を設け、内縁を介して八畳の茶の間、十畳の畳の中の間、十畳の奥の間を並べます。奥の間は床・棚を設け、部屋境に板欄間を飾り風格を備えています。庭園に向けて開放的な外観を見せており、近代和風建築の好例です。

 建立年代は明治30年(1897)頃で、一宮商業高校を創立した斎藤孝祐の代に建築されました。

 

           ▲外観

            ▲内観