#

緊急・災害情報

現在、お知らせはありません。

>>緊急災害情報

旧斎藤家住宅土蔵

旧斎藤家住宅土蔵(きゅうさいとうけじゅうたくどぞう)

平成29年(2017)6月28日登録

一宮町一宮 個人所有

 

 斎藤家は明治時代以降、鰹節を中心とする海産物問屋でした。

 斎藤家からは約5,000点もの古文書が発見され、『一宮町旧斎藤家文書調査報告』(東上総文化遺産総合活性化事業実行委員会、2016年)にて一部が活字化されています。

 建物は旧斎藤家の敷地の北東に建ち、桁行三間、梁間三間、切妻造妻入で、正面に一間半の庇が付きます。2階建で1,2階とも一室です。1階の扉口、2階両妻の窓廻りの漆喰塗も丁寧に仕上げられています。

 建築年代は主屋と同時期の明治30年(1897)頃と推定されています。現在は物置として使われており、経年劣化のためトタンで覆われています。

 

        ▲外観①

         ▲外観②扉