#

緊急・災害情報

現在、お知らせはありません。

>>緊急災害情報

千葉県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例について

 みなさん!平成29年4月1日に『千葉県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例』が施行されます。

 自転車は、環境負荷もなく、健康増進に役立つ交通手段であり、子どもから高齢者まで幅広く利用され、県民の日常生活に密着している乗り物です。

 一方で、交通ルールやマナーを守らない危険な自転車の走行が社会的に問題となってきており、県内で自転車利用者が加害者となる死亡事故も発生しました。全国的には高額な損害賠償事例もあり、自転車の安全利用対策が求められています。

 そこで本条例は歩行者、自転車及び自動車等が共に安全に通行し、県民が安心して暮らすことができる地域社会の実現に寄与することを目的としたものです。

 ポイントとしては以下になります。

1.ヘルメットをかぶりましょう!

 子供(高校生以下)や高齢者(65歳以上)が自転車に乗るときは、ヘルメットを着用しましょう。転倒した時に衝撃から頭を守ってくれます。

 

2.自転車保険に加入しましょう!

 万が一の加害事故に備え、自転車損害賠償保険等に加入しましょう。

 自動車の任意保険や傷害保険の特約として付いている場合があるので、まずは自分が加入している保険を確認してみましょう。

 

3.夕方からライトを点灯しましょう!

 買い物や帰宅時間が重なる夕方から夜間にかけての時間帯は、自転車の事故が多く発生しています。

 薄暗くなってきたら早めにライトを点灯し、歩行者や他の車両に自分の存在を示して事故を防ぎましょう。

 

4.自転車の側面にも反射器材をつけましょう。

 自転車の前部にライト装着するだけでなく、側面にも反射器材を取り付けましょう。

 車輪スポーク部分に反射器材を取り付ければ、夜間道路横断中の事故を防止するために効果的です。

 

条例に関するお問い合わせはこちら千葉県くらし安全推進課 043-223-2263