#

緊急・災害情報

現在、お知らせはありません。

>>緊急災害情報

青年就農給付金制度について

■ 青年就農給付金について

 青年の就農意欲の喚起と就農後の定着を図るため、就農前の研修機関(2年以内)及び経営が不安定な就農直後(5年以内)の所得を確保する給付金を給付する制度です。

 

□ 準備型

 県が認める農業大学校や先進農家・先進農業法人等の研修機関で研修を受ける就農者に、最長2年間、年間150万円を給付します。

 

給付の主な要件(全て満たす必要があります)

1.就農予定時の年齢が、原則45歳未満であり、農業経営者となることについての強い意欲を有していること


2.独立・自営就農または雇用就農を目指すこと

 親元就農を目指す者については、研修終了後5年以内に経営を継承するか又は農業法人の共同経営者になること

 

3.研修計画が以下の基準に適合していること
・都道府県が認めた研修機関・先進農家・先進農業法人で概ね1年以上(1年につき概ね1,200時間以上)研修すること
・先進農家・先進農業法人で研修を受ける場合にあっては、以下の要件を満たすこと
a:先進農家・先進農業法人が、その技術力、経営力等から見て、研修先として適切であること
b:先進農家・先進農業法人の経営主が給付対象者の親族(三親等以内の者)ではないこと
c:先進農家・先進農業法人と過去に雇用契約(短期間のパート、アルバイトは除く。)を結んでいないこと


4.常勤(週35時間以上で継続的に労働するものをいう。)の雇用契約を締結していないこと


5.生活保護、求職者支援制度など、生活費を支給する国の他の事業と重複受給でないこと


6.独立した生計を営む連帯保証人を2名立てること

 

7.原則として青年新規就農者ネットワーク(一農ネット)に加入すること

 

 

平成27年度第3次青年就農給付金(準備型)の給付対象者の募集について

青年就農給付金(準備型)の給付対象者について、下記のとおり募集を行っております。

 

1.募集期間

 平成28年1月8日(金)午後5時まで(必着)

 

2.申請窓口

(1)千葉県立農業大学校で研修を受ける方は、農業大学校に申請書を提出してください。

(2)千葉県立農業大学校以外で研修を受ける方は、研修地を管轄する農業事務所企画振興課に申請書類を提出してください。

 

3.ホームページ

 募集の詳細については、以下のページをご覧ください。

 http://www.pref.chiba.lg.jp/ninaite/kyuhukin.html

 

 

 

□ 経営開始型

 新規就農される方に農業を始めてから経営が安定するまで最長5年間、年間最大150万円を給付します。

 

給付者の主な要件(すべて満たす必要があります)

1.独立・自営就農時の年齢が、原則45歳未満であり、農業経営者となることについての強い意欲を有していること

 

2.独立・自営就農であること

独立・自営就農とは、自ら作成した経営開始計画に即して主体的に農業経営を行っている状態を指し、具体的には、以下の要件を満たすものです。

・農地の所有権又は利用権を給付対象者が有しており、原則として給付対象者の所有と親族以外からの貸借が主である。

・主要な機械・施設は給付対象者が所有又は借りている。

・生産物や生産資材等を給付対象者の名義で出荷・取引する。

・給付対象者の農産物等の売上げや経費の支出などの経営収支を給付対象者の名義の通帳及び帳簿で管理する。

※親元就農する場合であっても、上記の条件を満たせば、親の経営から独立した部門経営を行う場合や、親の経営に従事してから5年以内に継承する場合は、その時点から対象とします。

 

3.市町村が作成する人・農地プランに位置付けられていること(もしくは位置づけられることが確実であること)

 

4.生活保護等、生活費を支給する国の他の事業による給付を受けておらず、かつ、原則として農の雇用事業による助成を受けたことがある農業法人ではないこと

 

5.原則として青年新規就農者ネットワーク(一農ネット)に加入すること

 

 

お問合せ先:一宮町役場 事業課 農業グループ

       Tel:0475-42-1428