屋外におけるマスク着脱の実践例について

新型コロナウイルス対策として着用しているマスクは、屋外での一定の条件下であれば着用しなくても構いません。ただし、いつでも着用できるよう、マスクは常に携帯してください。また、屋内での着用など、基本的な感染対策の継続をお願いします。

1 屋外においてマスクを不要とする場合

(1)マスクなしで問題ない場合

一人で行動するとき

 ・散歩をするとき

 ・徒歩で移動しているとき

 ・自転車で移動しているとき

 ※マスクは携帯し、人と会話するなどの場面ではマスクを着用できるようにする。

(2)熱中症などを考慮し、注意しながらマスクなしを積極的に考える場合

屋外活動・作業をするとき

 ・運動

 ・農作業

 ・工事現場での作業 など

 ※周囲の人との距離が十分(2m程度)に確保できない場合は会話しないこと。

 ※屋内に入るときに、マスクを着用できるようにする。

  〇屋外におけるマスクの着脱について

  ・マスクなしとする場合でも、自身の判断で着用していただいても構いません。

  ・マスクをしていないときであっても、咳エチケット等の実践は忘れずに。

 

2 屋外であってもマスクを必要とする場合

(1)感染リスクが高い場合

 ・会話をするとき

 ・人が密集しているとき

(2)発熱又は風邪の症状があり、通院等の理由によりやむを得ず外出するとき など

 

詳細は以下より千葉県ホームページをご参照ください。

 屋外におけるマスク着脱の実践例