【町長メッセージ】オリンピックに伴う外国人選手団受け入れ宿泊施設従業員への優先接種の実施について

オリンピックに伴う外国人選手団受け入れ宿泊施設従業員への優先接種の実施について

 

 一宮町のみなさま、こんにちは。ご報告を差し上げます。この度、64歳以下の方々のワクチン接種を進めるにあたって、急遽、オリンピック開催の見通しに伴い、外国人選手団が滞在する予定となっている町内宿泊施設の従業員の方々について、優先接種を行うことといたしました。         

 

 さきごろ、諸外国からの選手団の一部の方々が、7月13日以降サーフィン競技終了まで、町内の宿泊施設に滞在されることがわかりました。選手の皆様は、外部との往来は遮断された形で2週間以上同一施設に連泊されることとなる予定です。各国の感染状況は様々な中、宿泊施設では、人と人との幅広い接触面が生ずる可能性があります。そのため、こうした施設で働く方々へのリスクを低減するため、従業員の方の接種を早急に行う必要があると判断いたしました。

                

 従業員の方々が万が一感染した場合、そこから地域住民の方々へと感染が拡大する可能性があります。従って、従業員の方々のリスクを低減することは、コミュニティー全体への感染防止において有意味であると思います。

 

 しかも、オリンピックは約一ヶ月後に迫っています。従業員の方々への接種は、直ちに行わなくてはなりません。

 

 以上の点から、一宮町においては、町の判断として、オリンピックに参加する外国人選手の滞在先となる宿泊施設の従業員の皆さんのワクチン接種を、優先的に行うことといたしました。

                     

 これまで発表させて頂いた優先順位への急な追加設定となりますが、町民の皆様におかれましては、事情をお汲み取り頂いて、ご理解賜れば幸いに存じます。

 

                      2020年6月25日

                     一宮町長 馬淵昌也