介護職員等特定処遇改善加算の届出について

介護職員等特定処遇改善加算の届出について(地域密着型サービス、介護予防・日常生活支援総合事業)

1.介護職員等特定処遇改善加算について

令和元年度(2019年度)の介護報酬改定において、現行の介護職員処遇改善加算に加えて、介護職員等特定処遇改善加算が創設され、令和元年(2019年)10月1日から適用することとなります。

※現行加算と同様に、(介護予防)訪問看護、(介護予防)訪問リハビリテーション、(介護予防)居宅療養管理指導、(介護予防)福祉用具貸与、特定(介護予防)福祉用具販売並びに居宅介護支援及び介護予防支援は算定対象外です。

 

当該加算の算定においては、平成31年4月12日付け介護保険最新情報Vol.719及び令和元年7月23日付け介護保険最新情報Vol.734を下記のリンク先からダウンロードし、ご確認ください。

【参考資料】

・介護保険最新情報Vol.719

・介護保険最新情報Vol.734

 

2.提出期限

 当該加算を受けるための届出は毎年度必要です。提出期限については、以下のとおりです。

 1 令和元年度(2019年度)の届出(計画書)の提出期限は、令和元年(2019年)8月末日

 2 令和2年度(2020年度)の届出(計画書)の提出期限は、令和2年(2020年)2月末日

 3 年度の途中で加算を取得する場合の届出(計画書)の提出期限は、加算を取得しようとする月の前々月の末日

※提出期限に遅れた場合、加算を取得しようとする月からの算定はできませんので、ご注意ください。