#

緊急・災害情報

現在、お知らせはありません。

>>緊急災害情報

冬の感染症を予防しましょう

気温の低下、空気の乾燥により、感染性胃腸炎やインフルエンザをはじめとする様々な感染症が流行する季節です。
 

日々の生活の中で、予防が大切になってきます。また、感染症にかかってしまった時には、他の人にうつさないようにする事も必要です。

これからの季節に流行する主な感染症

 ウイルス名 特徴 好発年齢 流行時期 症状
インフルエンザ

突然の38~39℃を超える発熱と頭痛、関節痛、筋肉痛などに加え、鼻汁、咽頭痛、咳などの症状がみられ、だるさ等の全身症状が強い。

短期間で乳児から高齢者まで感染する。 11月下旬~12月上旬頃に始まり、1~3月頃に増加。 38度以上の高熱が急に出る。悪寒、頭痛、関節痛、筋肉痛など。
RSウイルス

呼吸器の感染症で、肺炎の原因となる。小児に多い感染症で、感染力が非常に強い一方、免疫が出来にくいため、繰り返し感染して少しずつ免疫が出来る。

年齢を問わず、生涯にわたって繰り返し感染する。年齢が低いほど重症化しやすく、肺炎や気管支炎を引き起こすことがある。

例年10月~12月にかけて流行が始まり、3月~5月頃まで続く。 発熱、たんが詰まってゼイゼイする、のどがぜーぜー鳴るなど。
ノロウイルス

手指や食品などを介して、口の中で感染し、ひとの腸管で増え、嘔吐、下痢、腹痛などを起す。

乳児から高齢者まで感染する。 11月頃から発生件数は増加しはじめ、12月~1月が発生のピークになる傾向がある。 吐き気、嘔吐、下痢、腹痛。発熱は軽度。感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もある。
ロタウイルス

生後6ヶ月から2歳の乳幼児の冬季の急性下痢症の主な原因となるウイルスで、流行しやすい。

生後6ヶ月から2歳の乳幼児に多くみられ、5歳までにほとんどの小児が経験する。 1~4月にかけて。 米のとぎ汁のような白色の下痢便・嘔吐・発熱など。

予防方法

◆手洗い・うがいを行う。(外出後や調理前、食事前、トイレ後等。)

◆人ごみを避け、外出時はマスクを着用する。(咳やくしゃみ等の症状がある時にも着用する。)

◆栄養と休養を十分にとる。

◆適度な温度と湿度を保つ。

◆嘔吐や下痢などの症状がある時は早めに受診する。

◆生鮮食品(野菜、果物など)は十分に洗浄し、加熱処理する。