「警戒レベル」を用いた避難情報等の発令について

避難情報などを5段階の「警戒レベル」で防災情報をお知らせします

 「平成30年7月豪雨」の際に、逃げ遅れによる犠牲者が多く出た教訓から、洪水や土砂災害、河川の氾濫等の際に、町民の皆さんが直感的に理解しやすく、適切に行動できるよう、気象庁や自治体が出す従来の情報に5段階の「警戒レベル」を用いて、情報伝達することとなりました。
 災害発生の恐れの高まりに応じて、「警戒レベル」、避難情報及び町民がとるべき行動(避難行動等)を関連付け、避難のタイミングを明確にしました。今後は、「警戒レベル」とあわせて避難勧告や避難指示(緊急)などの避難情報を発令し、避難のタイミングをお伝えします。
 「土砂災害警戒区域等」や「浸水想定区域」などにお住まいのかたは、警戒レベル4(避難勧告)または警戒レベル3(避難準備・高齢者等避難開始)が発令された場合は、避難行動をとりましょう。

警戒レベルごとの「避難行動」および「避難情報」等

 詳しくは下記のリンクおよび「警戒レベルに関するチラシ」をご確認ください。

警戒レベルに関するチラシ

避難勧告等に関するガイドラインの改定(内閣府ホームページ)

 ・「土砂災害警戒区域」及び「浸水想定区域」の確認はこちら

問合せ

総務課 42-2112