令和4年度第3回文化財講座「上総広常の実像を探る」

 2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」において、上総広常(?~1183)は華々しく登場し、登場後は主人公である北条義時(1163~1224)の支障的な立場で活躍しました。そして、広常の死はドラマの前半の集大成として描かれ、強い印象を残しました。

 その一方で、多くの人々が感じたのは、果たして本当に広常はドラマで描かれたような、豪快で武骨だが人間味のあふれる人物だったのか、ということではないでしょうか。この講座では、広常の登場シーンと史実を比較しながら、広常の実像に迫ります。

   ★チラシはこちら

○テーマ  「上総広常の実像を探る~「ドラマ」と「史実」の境界線~」

      (令和4年度第3回一宮町文化財講座)

○講 師  江澤一樹(一宮町教育委員会学芸員)

○と き  令和4年(2022) 7月23日(土)

       午後1時30分~午後3時頃(午後1時受付開始)

○ところ  一宮町中央公民館1階大会議室(一宮町一宮2460)

○定 員  先着50名(申込不要、参加無料)

【問合せ】教育課 0475-42‐1416