台風15号の被害を受けた農家の皆さまへ

台風15号の被害を受けた農家の皆さまへ

台風15号被災対策の支援事業が創設された場合に備え、被災した施設等の状況について写真等の保管をお願いします。

以下の点に留意してください。

・撮影日を明確にする。

・被災箇所をすべて撮影する。(例:パイプの曲がりや被覆資材のめくれ等を個別に撮影)

・撮影箇所が被災施設のどこかわかるようにする(例:全景を東西南北4方向から撮影)

・施設面積・構造がわかる(例:間口や奥行きがわかるよう、できる範囲でメジャー等と一緒に撮影)

・栽培施設以外にも、台風15号により被災した作業場、農機具格納庫及び共同利用施設の屋根やシャッター等の状況、耕耘機や防除機等の農業用機械の破損、畜舎の被害についても同様に写真を保管しておいてください。

※既に撤去や修繕した場合は撤去した資材が残っていればその写真を撮っておいてください。また、わからないことは個別にご相談ください。

 

お問合せ先 産業観光課農業振興係 42-1428