農業用廃プラスチック処理対策事業(個人農家)

 

農家のみなさんが使用済みとなった農業用ビニールやポリエチレンなどの農業用廃プラスチックの適正な処理を図ることにより、地域環境の保全を目的としています。

園芸用廃プラスチックの放射線量測定(1台3分程度)を行い、農家や生産団体が処理工場(東金市:千葉園芸プラスチック加工㈱)へ搬入します。

※ビニールの分け方やていねいな洗浄、土の除去を徹底してください。

住民の皆さんの安心・安全のためご理解とご協力をお願いいたします。

●令和3年度搬入日 (荒天の場合中止)

 令和3年7月26日(月)9月22日(水)、12月20日(月)

 令和4年1月13日(木) ※3日前までにお申込みください。

時間:13:30  とまと館駐車場集合

          放射線量測定(0.23マイクロシーベルト/時以下)

   13:45  出発予定

【留意事項】

①農ビニールには、マニュフェスト番号の記入を必ずお願い致します。

②搬入時には必ず、廃プラをシートで覆って下さい。

③当日は、印鑑をお持ち下さい。(認印等)

 

尚、環境保全を考慮し、下記のとおり処理費を各団体で負担しており農業者の負担額は搬入量1Kgあたり34.8円です。

                記

千葉園芸プラスチック加工㈱処理量1Kgあたり89.6円

      負担内訳       一宮町  34.8円

             農業者    34.8円

             千葉県 10.0円

             全農連 10.0円

 

       【お申込み・お問合せ先】

        産業観光課 農業振興係 42-1428