#

緊急・災害情報

現在、お知らせはありません。

>>緊急災害情報

地獄極楽欄間 【一宮町指定有形文化財(彫刻)】

 

地獄極楽欄間(じごくごくらくらんま)

昭和59年9月21日指定
一宮町一宮観明寺


極楽
極楽


地獄
地獄
 

観明寺の本堂に入って正面に見える欄間(天井と障子やふすまなどの空間を利用して彫刻をしたもの)は地獄と極楽の場面を3つに分けて表現しています。

仏教では、人間が死ぬと地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上(極楽)の六道のどこかに行くといわれ、この欄間は中央に極楽が描かれています。

作者は房総の彫刻師、井上円徹といわれています。