#

緊急・災害情報

現在、お知らせはありません。

>>緊急災害情報

地域を守る消防団員を募集します!!

  

予測できない災害から地域と住民を守る!

 それが消防団の使命です。そこに住む人、働く人、18歳以上の方なら誰でも消防団員になることができます。
〇団員は特別職の「地方公務員です。
〇ケガや病気などに対して「公務災害補償が適用されます。
〇団員の苦労に報いるため、多年にわたって在職して退団した場合「退職報奨金が支給されます。
〇功労に対しては各種の「表彰制度が設けられています。」 
 生きている限り、火災や水害、大地震、津波、土砂災害など、たくさんの災害が考えられます。そんな時、地域や住民を守ることができるのは、その地域や住民のことを熟知している人たちです。
 もちろん、大きな災害が発生すれば、消防・警察・自衛隊などの多くの機関が支援に来ます。しかし、そんなプロたちも、「土地を知っている人」「住民のことを知っている人」には敵いません。そこにあった景色、そこにいた人を知っている人が一緒に活動してくれるということは、とても大きな強みとなります。
 日頃から地域に根付き、「予測できない災害から地域を守る」それが消防団です。あなたも、地域のヒーローになりませんか?少しでも興味がある方や、疑問な点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
消防庁ホームページ(消防団 オフィシャルウェブサイト)
消防団員募集リーフレット

消防団って消防士とは違うの?

消防団は、消防士とは違い普段は別の仕事をしていますが、火災などの災害が起きたときに、自宅や職場から現場に駆け付け、地域を守るために活動している非常勤の公務員です。火災時には消防署の職員だけで対応することは困難です。地域に密着した消防団員が消防署職員と連携をとることで、防災活動の大きな一翼を担っています。
〇長生郡市広域市町村圏組合消防団の概要はこちら

消防団はこんな活動をしています

 消防団員は年間スケジュールのもと活動を行っており、特に5月から6月にかけては連日連夜消防ポンプ操法大会に向けて、南消防署の職員の指導のもと訓練に励んでいます。秋には住民の防災意識の向上や災害時に備え防災訓練に参加し関係機関との連携を密にする訓練を行っています。冬の時期は、乾燥により火災も多くなるため、年末に各地域を巡回し警戒を行っています。

問合せ

総務課 42-2112