県立九十九里自然公園車両乗入れ規制について

 県立九十九里自然公園は、白い砂浜と緑の松林が弓状に続き、千葉県が全国に誇る景観の一つです。ハマヒルガオなどの海浜植物が分布し、コアジサシガスを作ったり、アカウミガメの産卵地でもあります。
 こうした県立九十九里自然公園の自然環境が、車などの無秩序な乗入れで破壊されないよう、県では、平成10年4月1日から車両等乗入れ規制を実施しています。
 規制区域は、旭市から一宮町までの約60kmの砂浜などの海岸地域で、漁業関係者の車両、許可車両、緊急車両を除き、車両等の乗入れはできません。

乗入れ規制概要

規制施行日 平成10年4月1日
規制目的 海浜動植物の保護等
規制区域 旭市から一宮町までの海浜部
規制される車両等 自動車、バイク、サンドバギー車、自転車、荷車、馬等
ただし、漁業関係車両、許可車両及び緊急車両を除く
規制の根拠 千葉県立自然公園条例
罰則 6か月以下の懲役又は50万円以下の罰金

 
 車両乗入れ規制図(PDF形式:1,907KB)


お問合わせ
 都市環境課都市整備係
 TEL:0475-42-1430
 FAX:0475-40-1075